荷物はなるべく減らすべし

引越し前にやるべきことの一つが、「断捨離」です。
繰り返しになるかもしれませんが、今必要じゃないものは、後で必要になることはほとんどありません。
なので、捨てるかどうかで迷っているものがあるなら、いったん捨てる方向で考えておきましょう。

 

捨てるかどうか迷うこと自体も時間の無駄ですし、その中身を見て必要はいらないかを判断するのはもってのほか。
それだったらいつまでたっても引越しできません。

 

こうした傾向は、引越しの経験が浅い方が多いかもしれません。
引越しの経験が多い方は、引越し後の荷解きのめんどくささを知っていますので、
荷物はなるべく少なくしたほうがよいのは、経験則でわかっています。

 

捨てるべきものとは何か?

捨てていいのかわからないもの

→そもそも自分で必要か不要なのかわからないものは、それほど重要ではありません。

 

今後使うかもしれないと思うもの

→今後とはいつなのかわからない以上、とっておいても邪魔になるだけです。
その使うかもしれない根拠はどこから来ているのか、明確な答えはありますか?なければ捨てましょう。

 

以前は使っていたが今は使っていない、愛着があるだけのもの

→今使わないなら今後も使わないはずです。
愛着があるかもしれませんが、新しい生活をスタートさせる良いきっかけとして、捨ててみてはいかがですか?

 

思い出しか残っていないもの

→その思い出をいつまでも物として残しておきたいか、
それとも自分の胸にしまっておけばよいと考えるかの二択です。

 

もし前者なら、それは大事にしまっておけばいいでしょう。
ただその思い出が、あなたにとって重要なものなのか、考えてみてください。
それを将来のあなたの家族に誇らしげに披露できるのなら、それは価値のあるものです。

 

何か別のところで役に立ちそうだと思うもの

→あいまいな判断は今後も同じような物を生み出すでしょう。
下手な予測は立てず、今必要ないなら捨てる勇気を持ちましょう。

 

人にあげたら喜ぶかもしれないが、あげる人がいないもの

→じゃあ捨てましょう。フリーマーケットやネットオークションという手もあるので、
そちらに手を回す余裕があるなら。時間があまったら行うとよいかもしれませんね。

 

これらに一つでも当てはまるなら、それは捨てていいものです。
バッサリ捨てましょう。