06、不用品は売り飛ばすべし6

電化製品、書籍・雑誌、ゲーム類、CDやDVDなど、
転居先に持っていっても邪魔になりそうなものがたくさんあると思います。
その中でもお金になりそうなものは、積極的に買い取ってもらうか、オークションに出しましょう。

 

時間に余裕をもって、引越し予定日の3か月前には準備しておきたいですね。
売れなかったら廃棄の処分を検討するために、時間には余裕を持たせます。

 

電化製品はリサイクルショップへ売りに出すのがもっとも手っ取り早いかもしれません。
ただ、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの処分に料金がかかるものは、
よほどよいもの出ないと引き取ってくれません。

 

高く売れそうなものはネットオークションにかけておきましょう

もし1か月出品していても値がつかない場合は処分します。
書籍や雑誌は、amazonやヤフオクなどに出すと、思わぬ高値が付くケースもあります。
ブックオフなども出張買取サービスがあり、便利なものの、ほとんどタダ同然の価格でしか買い取ってくれないので、はっきり言ってうまみはありません。

 

なので、電化製品と同様に1か月売りに出しておいて、ダメだったらブックオフに来てもらいましょう。
CDやDVDも同じです。
ゲームの場合はゲーム専門店に買取をしてもらったほうが高値が付きます。時間に余裕のある方はどうぞ。

 

このようにして不要品を計画的に処分していくと、意外な収穫になっていることもあります。

 

ただ捨てるだけなら0円(下手すれば廃棄料金がかかる)、安く買い取ってもらうなら1000円、専門店なら1万円といったように、価値のわかる人やお店に引き取ってもらうのが自分にとってもまた、物にとっても幸せですよね。
そのために、売るものリストの作成と、売却スケジュールを立てておきましょう。