引越しに必要なお金の話のハナシ

引越しを業者に頼む場合も個人で行う場合も、お金が必要になります。

 

引越しにはさまざま費用が発生し、
予算をしっかりとたてておかないとすぐに頭が出てしまいますので注意が必要です。

 

業者に依頼する場合の料金を見てみましょう。まず基礎運賃と基本作業料金がベースになります。
引越しの見積もりをとったことがある方はご存知だと思います。
これにプラスして、サービス料と実費が掛かるシステムとなっています。

 

基礎運賃

基礎運賃とは、トラックの積載量と荷受け先から荷卸し先までの移動距離をベースに算出されます。
荷物が多くなればなるほど、移動距離が長くなればなるほど基礎運賃は上がっていきます。

 

基本作業料金は引越しを依頼する家族の人数によって、引越し業者が概算で荷物量を割出し、
作業に必要な人員と時間に換算し、算出します。
家族の人数が多くなればなるほど料金は高くなっていきます。

 

しかし全ての基礎料金は、あらかじめ国土交通省によって定められた引越約款に基づいて算出されるので、
業者によって極端に高かったり安かったりすることはありません。

 

基礎運賃の内容

 

基礎運賃にはトラックの積載量もそれに含まれています。
移動距離、もしくは移動時間のどちらかで基礎運賃が決められます。

 

100kmまでの移動距離を基礎の範囲内とし、これを超過した場合、追加料金という形で料金が加算されます。
移動時間で基礎運賃をけいさんするばあい、4時間と8時間の時間設定があり、その設定時間より1時間経過するごとに追加料金が発生します。

 

基礎運賃のほか、実費として以下の費用項目が料金に加算されます。

 

人件費

作業人数分の料金

 

梱包材料費

段ボール、テープ類、そのほか引越し時に業者が提供するもの

 

交通費

ガソリン代などはすでに料金の中に組み込まれていますので、
それ以外の費用となります(有料道路、駐車場など)

 

オプションサービス料金

引越し業者によって行っているサービスはまちまちです。
一般的なところで言えば、エアコンの取り付け、取り外しサービスや自家用車の運搬、お部屋のクリーニング、テレビやベッドなどの不要品の処分などです。

 

マイナーなところで言えば、害虫の駆除、盗聴器発見サービスなどでしょうか。
料金は業者によって変わります。引越し業者にとっては基礎運賃で他社との料金差をつけられないため、このあたりの料金を安くしたり、他社にないサービスを導入したりしながら差別化を図っています。

 

引越し業者の料金には定価はありませんので、相場を知っておくことが安くて良い会社を探す近道となります。
一括で見積もりを依頼する場合、実費の部分を比較して検討したほうがよいでしょう