部屋はきれいにしておくべし

こちらでは退去時の注意点について説明しています。
退去時に部屋が汚いと本来払わなくてもいい費用が生じる場合もあります。

 

敷金とクリーニング

「飛ぶ鳥跡を濁さず」というように、部屋をきれいにしておけばいいこともありますし、
逆に綺麗にしておかないと敷金が返ってこないなどのマイナス面があるので注意が必要です。

 

壁紙やじゅうたんの摩耗、畳のすりきれなどは通常生活範囲内での消耗とみなされ、
その修繕のために敷金から費用が差し引かれることはないとみていいでしょう。

 

しかし喫煙による備え付けのエアコンフィルターの汚れや、
壁紙の過度の油汚れ、フローリングの傷、ふすまなどの破損、
そのほか通常の使用範囲以外での破損や汚損などについては敷金から差し引かれるケースも多々あります。

 

保険の適用範囲とは

入居時に敷金に関する規定が書かれた契約書をもらっているなずなので、必ず目を通しておきましょう。

 

それと、もし家財道具の運搬中などに誤って家の壁に穴をあけてしまったり、窓ガラスを割ってしまった場合、その修理は保険が降りる可能性があるので、入居契約時に契約した保険会社の補償条件を参照しておくとよいでしょう。

 

お金の問題だけでなく、しばらくの間お世話になっていた部屋に感謝の意味も込めて丁寧に掃除をするのは、
人として大切なことだと思います。