引越し費用が安くなるのはいつ?

料金相場の変動は季節要因と繁忙期・閑散期の要因、
あとはアルバイトなどの人員確保が難しい場合に起こります。

 

3月は引越しシーズン真っ盛りのため、多くの人員が必要となります。

 

そのためアルバイトの募集を各社こぞっておこないますが、
季節の分かれ目で、学生も集まりにくく、

 

また引越しが激務だとわかっているフリーターも、
繁忙期でさらに忙しくなる季節にわざわざ引越し屋でアルバイトすることに消極的になるので、
人の確保が難しくなります。

 

人が集まりにくい分、
引越し業者はアルバイト料を普段より高くしたりして何がなんでも集めます。
そうすると人件費が上がっていくので、その分引越し料金も高くなるのです。

 

これが逆に閑散期ですと臨時に雇わなければならないアルバイトも必要ありませんし、
給料も上げる必要がないので人件費が下がり、その分引越し料金も安くなっていきます。
関連:引越しの繁忙機と閑散期はいつ?|料金の相場や違い

 

季節要因があるとするなら、たとえば雨の多い時期は
荷物を守るためのシートや消耗品などが普段よりたくさん必要になりますし、
雪の日などは車両に使うタイヤを変え、日常的に整備を行う必要が出てくるため、
そうしたコストが引越し価格に反映されていきます。

 

曜日によっても料金相場は変わります。
平日は安く、日曜日に近づくほど高くなっていきます。
とりわけ土日の料金は、平日よりかなり割高ですから注意が必要です。
関連:引越しするなら平日?土日?料金が安いのは?