失敗する業者選びの典型パターン

業者選びに失敗する原因は、引越し業者に関する情報の少なさと自分の優柔不断さにあります。
では失敗する要素をいくつか挙げてみましょう。

 

名前だけで決めてしまう

名前だけで決めるということは、その会社を知っている必要がありますね。
その会社名をどこでそう知ったのかが重要です。
メジャーな会社の場合、たいていその名前を聞くのはテレビCMでしょう。

 

別稿で述べたように、CMなど広告宣伝費にお金を掛けられる企業は大手には変わりありませんが、
広告費にお金をかける分どこかで稼がなければならず、それが引越し料金に加算されます。

 

反面、大手の場合マニュアル化が進んでいますから、作業で事故を起こしたりモタついたりということは確率的に少ないでしょう。それを加味するかどうかですが、やはり有名な会社は引越し料金が高いのです。単身引越しで、近場で、荷物の量も少ないといった時、わざわざ料金の高い会社を選択するのは損です。

 

特に予定がないのに時間指定してしまう

時間指定をする場合としない場合とでは、料金がまったく違いますので、
特に予定のない場合は時間指定をしないようにしましょう。

 

営業マンの雰囲気だけで決める

自宅に訪れた営業マンの雰囲気がよいからと言って、
引越し作業員の雰囲気やスキルが満足いくとは限りません。冷静に判断しましょう

 

即決する

その料金が適正かどうかわからないうちに即決するのは愚かです。
少なくとも2,3社の料金を比較しましょう。

 

安かいというだけで決めてしまう

安ければ安いほどよいというものではありません。
保険に入ってなかったり、作業が荒っぽかったりするケースもあります。マイナーな会社なら口コミ情報も参考にして、客観的な情報を集めてそこから信頼できるかどうかを判断しましょう。

 

不動産屋から紹介される

街の不動産屋だとこのケースがあります。
紹介というのはよくも悪くもすべてあちらまかせになってしまうので、
引越し料金の交渉もなあなあになってしまいがちです。大手の会社を紹介されるならまだしも、
聞いたこともないような会社を紹介された日には、疑ってかかるべきです。

 

「特別」という言葉に騙される

特別に○○円割引しますとか、期間限定キャンペーンなので特別に割引しますという甘い言葉に騙されてはいけません。本当にお得なのかどうかを見極めるようにしましょう。

 

ネットだけですべて済ます

実際に引越し業者に会うのが引越し当日、なんてことにならないように。
一度会っておいて最終的な確認をしたほうがよいでしょう。