引越しの繁忙期と閑散期では料金はどれくらい変わる?

引越しの繁忙機と閑散期はいつ?|料金の相場や違い

 

どこの業界にも繁忙期と閑散期があるように、
引越し業界にも繁忙期と閑散期というものが存在します。

 

今回は、これから引越しを考えている方のために、
引越しの繁忙期と閑散期はいつなのか、
繁忙期と閑散期ではどれほど料金相場に差がでるのかなどを紹介していきます。

 

3月と4月が引越しの繁忙期

引越しの繁忙期は
入学や就職、転職など新生活を迎える人が動く3月と4月です。

 

この時期は引越しの依頼が集中するため
引越し業者を見つけるのも難しくなります。

 

引越し業者を見つけることができても、
なかなか希望の日時に合わせてもらうことはできません。

 

また、引越し料金も高めに設定されていて
値下げしてもらうことはあまり期待できません。

 

3月と4月はどこの引越し業者にとっても繁忙期になりますが、
実は7月中旬〜10月、12月下旬も引越しが増える時期となります。

 

夏休みや冬休みが始まる7月中旬や12月下旬は、
この時期にしか動くことができない方が一斉に引越しを依頼するので
3月4月並みの見積もり料金になることもあります。

 

 

6月と11月は引越しの閑散期

1年の中で引越しの閑散期とされているのは6月と11月です。

 

6月は引越しの繁忙期が一段落する時期で、
お客様からの依頼が少なくなります。

 

また、梅雨の時期なので引越しを敬遠する方が増えるのも
6月が閑散期となる理由になります。

 

7月中旬〜10月にかけての
秋の引越しシーズンが落ち着いたころの11月も閑散期になります。

 

6月と11月に次いで引越しが少ない時期なのが1月です。
年始はゆっくりしていたいと考える方が多く、
引越しの依頼が少なくなります。

 

ただし、年末年始は引越し業者も休業することがあるため、
その時期に依頼すると割増料金で見積もりを提示されてしまうこともあります。

 

 

繁忙期と閑散期で料金はどれほど変わってくる?

引越しの繁忙機と閑散期はいつ?|料金の相場や違い

 

繁忙期と閑散期では
料金の差が1.5〜2倍ほどになることは珍しくありません。

 

繁忙期と閑散期の料金相場は単身引越しなのか、
家族で引越しなのか、距離がどれほどなのかによって変わってきますので
一概にいくらということはできませんが、
下記に参考までに料金相場の例をいくつか紹介していきます。

 

単身で101〜150km圏内に引越しする場合

 

繁忙期の相場は82,500円、
閑散期の相場は56,800円で、1.5倍ほど料金に差がでます。

 

2人暮らしで101〜150km圏内に引越しする場合

 

繁忙期の相場は191,000円、
閑散期の相場は117,400円で、1.7倍ほど料金に差がでます。

 

家族で101〜150km圏内に引越しする場合、

 

繁忙期の相場は233,600円、
閑散期の相場は116,000円で、2倍ほど料金に差がでます。

 

ここでは101〜150km圏内へ引越しする場合の値段の差を紹介していきましたが、
距離が短くても長くなるとしても、繁忙期と閑散期では少なくとも
1.5倍ほどの料金の差が発生することを覚えておくとよいでしょう。