引越しするなら平日と土日どちらがおすすめ?

 

 

引越しをするなら土日よりも平日の方が安いというイメージがありますが、
実際にはどうなのでしょうか?

 

ここでは、平日と土日どちらに引越しをした方が、
料金を安くできるのかについて詳しく解説していきます。

 

また、平日の引越しと土日の引越しの
それぞれのメリットとデメリットについてもご紹介していきます。

 

 

引越し料金が安いのはやはり平日?

一般的に土日の引越し料金の方が
平日の引越し料金に比べて1〜2割ほど高いといわれています。

 

とはいえ、土日は
すべての時間帯で料金が高いかといわれるとそうでもありません。

 

土日の中で料金が高くなりやすいのが土曜日の午前中で、
日曜日の夕方になると料金は平日と同じくらいの料金になるところが多くなります。

 

平日は何曜日でも料金は変わらないのかというとそうでもなく、
金曜日は引越し料金が少し高めになることが少なくありません。

 

というのは、金曜日に引越しをして
土日を使って家の整理を終わらせようと考える方が多いため、
金曜日は引越しの依頼が増える傾向にあるからです。

 

ですから引越し料金を安く抑えたいという方は、
平日の月〜木曜日に引越しを依頼されると良いでしょう。

 

ちなみに、賃貸契約が切り替わるタイミングの
月末も引越しの依頼が増えます。

 

ですので引越し料金を抑えたい方は
月の上旬〜中旬の月〜木曜日に引越しを計画されるようにおすすめします。

 

平日に引越しするメリットとデメリット

平日の引越しは料金が安く抑えることができるということに加えて、
時間の融通が利きやすくなるというメリットもあります。

 

土日は引越しの件数が多くあるため、
希望の時間帯に搬出・搬入することが難しくなりますが、
平日であれば引越しの件数が少ないため、
希望する時間帯に合わせてもらいやすくなります。

 

また平日に引越しをすると「転出届」「転入届」を
まとめて済ませることができるというのもメリットのひとつです。
土日の引越しだと、平日に改めて役所に行かなければならなくなります。

 

平日に引越しをするデメリットとしては、
仕事を休まなければならなくなるというのが一番でしょう。

 

繁忙期に仕事を休むことはできませんから、
引越しをするタイミングは仕事の状況や忙しさなどを考慮した上で
休みが取りやすい日を選ぶ必要があります。

 

平日の引越しについてまとめ

メリット

  • 引越し料金を抑える事ができる
  • 時間の融通がききやすい
  • 転出届けなどの手続きを行える

 

デメリット

  • 仕事を休まなければならない

 

土日に引越しするメリットとデメリット

土日に引越しするメリットは、
休暇を取らずに引越しをすることができるという点です。

 

仕事に支障をきたすことなく
引越しをすることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

また土曜日に引越しすることができると、
日曜日を使って後片付けをすることができるというのもメリットのひとつです。

 

土日に引越しをするデメリットとしては、料金が割高になるという点がひとつと、
引越しした日には転出・転入届を役所に出しに行くことができないという点があります。

 

 

このように平日引越し・土日引越し、
それぞれにメリットとデメリットとがありますので、
両方を比較した上でベストな引越しのタイミングを決めるようにしましょう。

 

土日に引越しについてまとめ

メリット

  • 無理して休みをとる必要がない
  • 日曜日に片付けなどを終わらせる事ができる

 

デメリット

  • 引越し料金が割高になってしまう
  • 転入届けなどの手続きが行えない